satohatsume-inochiomusubuのブログ

森のイスキア・佐藤初女さんの関連情報をアップしていきます。初女さんがむすんでくださったご縁でスタートしたプロジェクト「二人の写真家が見た佐藤初女 オザキマサキ写真展/岸圭子写真展」をきっかけに始まりました。

【銀座・森岡書店】林檎の香りでお迎えします

1月31日から銀座・森岡書店でスタートする

岸圭子写真展「佐藤初女・いのちをむすぶ」の準備を進めています。

( 詳細は記事末尾に)

 

今年は、ムカイ林檎店さんのご協力を得て

写真展会場で新鮮な林檎なども購入いただけることになりました。 

 

ムカイさんのところの林檎は、青森県大鰐町産、

減農薬栽培、ノーワックスで栽培されたこだわり林檎。

水でさっと洗えば皮付きのままいただける、嬉しく美味しい林檎なんです。

この「皮付きで」というのがポイントで、

 この冬の便秘知らず風邪知らずは毎朝の林檎のおかげだと思ってます。

 

自宅の近くにあるお店の扉を開けるといつも

ふわりと甘く爽やかな林檎の香りに包まれて本当に幸せになります。

 

ムカイ商店社長の小向さんは95年公開の「地球交響曲第二番」で

初女さんのことを知り、一度お会いしたい、と森のイスキアを

お訪ねになったこともあったのだそう。

(残念ながら閉まっていて初女さんには会えなかったそうですが)

嬉しいです!ご協力、喜んで!とおっしゃってくださって、今回この運びに。

 

頼りになる現場担当は、

写真の神田猿楽町店の和やか店長・片山さん。

初女さんファンだという奥様や義理の妹さんとともに

前のめりで準備してくださってます。

会場ディスプレイと週末の応援、頼りにしてます!

こうやって新しい仲間が広がるのって初女さん、すごいなあ、と

本当にありがたく、楽しいです。

 

講演会などではいつも自己紹介のときに

「お城と桜と林檎、それとお山(岩木山)の町、弘前から来ました」と

おっしゃっていた初女さんの旧姓は「神(じん)」。

神の初めての女の子・・

 

イブと林檎!

 

会場に入ったら林檎の香りがするっていいなあ、と思いついて、

ご相談している時はここまで考えていませんでしたが・・

また、初女さんの掌のうえでちょこちょこ動いている気がしてきました。

 

f:id:satohatsume-inochiomusubu:20180123212833j:plain

ムカイ林檎店

https://www.mukaiapple.com

  

岸圭子写真展「いのちをむすぶ・佐藤初女

会場◎森岡書店

〒104-0061 東京都中央区銀座1丁目28−15 鈴木ビル1階 

Tel:03-3535-5020

アクセス:新富町駅1番出口から徒歩約2分/宝町駅A1出口から徒歩約5分

銀座一丁目駅10番出口から徒歩約5分

森岡書店 - ホーム | Facebook

 

イベント◎『いのちをむすぶ』編集スタッフによる上映とミニトーク

平日:18:30~ 土日:15:00~、18:00~(予定)

※要予約・りんご付き1000円 

――2015年の秋。『いのちをむすぶ』の最後の撮影で弘前イスキアにおじゃましたときのこと。

思いがけないことでしたが、初女さんはおむすびをむすぶ準備を整えて待っておられました。

担当編集者が思わずおさめた約15分の動画、そのお姿を分かち合います。

 

※展示やイベントに関しての変更・追加等がある場合があります。

最新の情報は↓

はてなブログhttp://satohatsume-inochiomusubu.hatenablog.com/

FaceBookhttps://www.facebook.com/satohatsume.inochiOmusubu/

【銀座】森岡書店で、岸圭子写真展『いのちをむすぶ・佐藤初女』開催します!

 七草粥をいただいたと思ったら今朝はもうお鏡さんでおぜんざい。

今年もこんなふうにあっという間に……いやいや

日々おいしくいただけることに感謝あるのみ、ですね。

2018年も多くの出会いとともにありますよう。どうぞよろしくお願いいたします。

さて。お知らせ。

直前になりましたが、今年も開催が決まりました。

======================================

岸圭子写真展『いのちをむすぶ・佐藤初女

2018年1月31日(水)~2月4日(日)

13:00~20:00(会期中無休)

 

森のイスキア・佐藤初女さんの三回忌を偲び

銀座・森岡書店が今年もささやかな集いの場となります。

遺作となった一冊の本『いのちをむすぶ』(集英社)とともにお待ちしております。

 

会場◎森岡書店

〒104-0061 東京都中央区銀座1丁目28−15 鈴木ビル1階 

Tel:03-3535-5020

アクセス:新富町駅1番出口から徒歩約2分/宝町駅A1出口から徒歩約5分

銀座一丁目駅10番出口から徒歩約5分

森岡書店 - ホーム | Facebook

 

イベント◎『いのちをむすぶ』編集スタッフによる上映とミニトーク

平日:18:30~ 土日:15:00~、18:00~(予定)

※要予約・りんご付き1000円 

――2015年の秋。『いのちをむすぶ』の最後の撮影で弘前イスキアにおじゃましたときのこと。

思いがけないことでしたが、初女さんはおむすびをむすぶ準備を整えて待っておられました。

担当編集者が思わずおさめた約15分の動画、そのお姿を分かち合います。

 

※展示やイベントに関しての変更・追加等がある場合があります。

最新の情報は↓

はてなブログhttp://satohatsume-inochiomusubu.hatenablog.com/

FaceBookhttps://www.facebook.com/satohatsume.inochiOmusubu/

                                                                                                               

photograph by Kishi Keiko

f:id:satohatsume-inochiomusubu:20180111220148j:plain

 

【奈良】吉野でおむすび講習会

11/18(土)-19(日)、奈良・吉野でおむすび講習会とトークがありますよ。

 

https://www.facebook.com/events/563841720614850/?ti=icl

 

【福岡】初女さんに学ぶ集い

続けてのご案内。

小さな森福岡の吉田さんご夫妻が今度の土曜日に集いを開かれます。

のちに『いのちの森の台所』として一冊にまとまった初女さんの取材を通じて出会った吉田さんご夫妻、以来公私にわたって支え続けていただいています。


今週末です!
……………
佐藤初女さんに学ぶ集い」開催のお知らせ
10月28日(土)10時30分から15時頃まで小さな森福岡において開催いたします。初女さんが伝えようとされたことをご一緒に深めてまいりましょう。詳細は下記よりご確認ください。

 

http://chiisanamori.life.coocan.jp/ivents/2017.10.28.htm

…………………

 

写真は、初女さんの御葬儀で読まれた吉田さんの弔辞を代筆した時の下書き。

今見るとまったく下手くそな字でお恥ずかしい…のですが、吉田さんが届けようとされた想いを、一文字一文字、丁寧に丁寧に、とホテルの小さなデスクで書き写した夜を思い出します。

 

御葬儀の際の弔辞全文は、

集英社学芸編集部『いのちをむすぶ』のサイトからお読みいただけます。

http://gakugei.shueisha.co.jp/kikan/978-4-08-781602-0.html

f:id:satohatsume-inochiomusubu:20171024143831j:image

 

【福知山】オザキマサキさん写真展、明日から

10月25日(水)〜29日(日)、

福知山で写真家オザキマサキさんの写真展が開催されます。

最晩年の佐藤初女さんを写した静謐な作品、今回は弘前と異なり大判のプリントでの展示となるそうですよ!

おむすびの会やアーティストトークもあり。

詳細は↓

 

https://www.facebook.com/events/1483835511711234/?ti=cl

 

f:id:satohatsume-inochiomusubu:20171024140454j:image 

【感謝】堺・Spaceかんなびでの写真展終了

岸圭子写真展「いのちをむすぶ・佐藤初女」、無事終了しました。

多くの方にご来場いただき本当に感謝いたします。

台風接近中、大荒れの空模様の中、今日も「Spaceかんなび」には、たくさんの方がいらっしゃいました。

 

ギャラリートークでは、10年前、かんなびで撮影した「いのちの森の台所」プロモ映像や、私たちの最後の撮影でおむすびを握られる動画を流し、初女さんの言葉、祈り、信仰とイスキア活動への思い…私たちが聞いてきたこと、見てきたこと気づいたこと…いったりきたりしながらいろいろなことを分かち合っていただきました。

編集者もライターもそもそもは裏方仕事。人前で何か話す機会などありませんが、初女さんからいただいたことをつたなくとも分不相応でも、と思い向かいました。

求められればどこへでも、体調をおしてでもお出かけになっていらした初女さん。

「直接会うと、本当に深いんです」といつもおっしゃっていたとおり。

亡くなられてから、写真展会場でお会いする方との出会いひとつひとつに

初女さんから残された「宿題」について改めて向き合う機会をいただき続けています。

 

介護のお仕事の中で「食べること」を一番大切にしてる、とおっしゃる方は「初女さんにはなれないけれど、私だって真似することはできる…がんばります。あなたも初女さんの本がたくさんの方に届くようにがんばって」と残されて帰られました。

今度おむすびの会をされるという方は、熱心にご質問されていました。

 自分のためだけでなく人のために動くとたくさんの気づきがあります。

「もっと働きたいの」とおっしゃっていた初女さんの、声が蘇ります。

 

「大切なことは近くにあります。気づきがあったらあなたのそばの大切な人に伝えてください」という初女さんの言葉も。

その言葉どおりにご自分の生きる場所で実践されている方がたくさんいらっしゃるということにも大きな勇気をいただきました。改めて感謝申し上げます。

 

さて…

台風の影響で次々に大阪の電車が止まったり遅延する中をすり抜け、駆け込んだ新幹線の運転手さんのお名前がなんと片岡さん。

今回トークにお招きくださった主催のかんなびの片岡玉恵さんと美治さんには改めて感謝以外ないなあ…こうして荒天のなか安全に運んでくださる運転手片岡さんにも…と、持たせてくださったおむすびを頬張りながら

無事に東京に戻りましたところ、

ご夫妻からメッセージが届いていました。

転載させていただきますね。

…………

お陰さまで本日無事に写真展を終えることができました。
140名を超える多くの方々に来ていただくことができました。

初女先生のことを全く知らない方も、パネルの前で目を潤ましておられる姿を拝見し、
文章や言葉ではなく「初女先生の思いが伝えられている」と確信いたしました。
そして、初女先生も写真展においでいただいていると感じました。
すべて、岸さんの「写真力」に感銘しています。

今回の写真展で多くの気づきを頂けたと感謝しています。

…………

10月25日からは、福知山でオザキマサキさんの写真展が始まります。

京都でのおむすび会や福岡での会など、初女さんの集いが続けて開催されるそうです。

またご案内いたします!

 

写真は…

「私、みかんの花を見たことがないの」という初女さんを片岡さんが和歌山・海南のみかんの山にお連れした1枚。

片岡さんと初女さんが出会われた頃の思い出のスナップだそうです。

f:id:satohatsume-inochiomusubu:20171023003148j:image

【堺】かんなびで、ひとむすび

f:id:satohatsume-inochiomusubu:20171022124012j:image

Spaceかんなびの展示も最終日。

台風にもかかわらず

朝からお客様がお見えです。

先生だったら、台風だろうが関係なく

どっしりお待ちするね、おまかせだね、と、皆で変わらずお迎えしております。

午後のギャラリートークも予定通りです。

 

かんなび。普通にあてれば「神奈備」…神様が住まう山や森、岩、ご神木などの神様のエリアのことですが、ここSpaceかんなびのスタートにあたっては、「人と人の「間」を繋ぐことで新たな世界にご案内…「ナビゲート」するような場に」というような意味が込められていたとか。

昨日も今日も、ギャラリートーク前に、片岡玉恵さんと美治さんの手作りのおむすびでパワーチャージ!

 

美味しいと感じることで生きる力が湧いてきます…と初女さんの言葉を実感します。

 

f:id:satohatsume-inochiomusubu:20171022123739j:image

f:id:satohatsume-inochiomusubu:20171022123828j:image

f:id:satohatsume-inochiomusubu:20171022123753j:image